コラム

2013年11月27日 水曜日

示談交渉


ナズナ想を更新しました。

交通事故に遭うと,一般的におこなわる示談交渉について,多くの交通事故被害者の方が誤解されていることがいくつかあるように感じます。
まず,決定権を持つのは,提案を受けた方です。
交通事故では,多くの裁判例の集積のもとに一定の基準がある部分があります。
しかし,示談交渉の場で,その基準が1つの参考にはなりますが,保険会社はその基準の通りにはしません。
もし,被害者が保険会社に対してその基準に従った金額を支払うように要求すれば,保険会社は,被害者に対し,裁判を起こすことを進めるでしょう。
それから,保険会社の譲歩を引き出すために「裁判を起こす。」と言っても何の役にも立ちません。
交通事故の損害賠償請求にはテクニカルな部分がありますので,示談交渉をされるときには,それなりに知識を入れられることをおすすめします。
http://www.yamasaki-lawyersoffice.jp/blog/2013/11/entry_2171/

アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市中央区
安政町4番19号
TM10ビル7階(旧大和生命ビル)

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ