コラム

2013年12月29日 日曜日

DNA鑑定

ナズナ想を更新しました。
お昼のワイドショーを見ていて,ふと思ったことを書きました。
大沢樹生さんと喜多嶋舞さんの間に生まれたとされるお子さんが大沢樹生さんとの間に生物学上の親子関係がなかったそうです。
この件では,DNA鑑定で「父親確率0%」だったそうです。
この話題を見た方は,父親確率として,「50%」とか出たらどうなるのだろうと思われた方もいらっしゃるかもしれません。
実は,「DNA鑑定」において生物学上の親子関係の存否を判断する「父親確率」は,「0%」と「99%」の2者択一です。
「100%」も「70%」も「50%」もありません。
このDNA鑑定は,認知や親子関係不存在といった家庭裁判所の手続の中で行われることが多いですが,家庭裁判所の手続の前の行うこともできます。
そのときは,医師や弁護士などの立場の人が試料採取を行うことが必要だそうです。

http://www.yamasaki-lawyersoffice.jp/blog/2013/12/entry_2178/


アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市中央区
安政町4番19号
TM10ビル7階(旧大和生命ビル)

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ