コラム

2014年11月 4日 火曜日

尊厳死

ナズナ想を更新しました。

米国で,尊厳死を実現するために,自ら命を絶った女性がいます。
私の理解では,末期癌患者の方などで,死を間近にして,極度の病苦に苦しむ人の苦痛を和らげて死に至らしめる後遺を安楽死というのですが,生命維持装置で生かされている状態の人から,その生命維持装置を取り外す行為,これも安楽死という概念に含まれるのですが,機械による生存を否定して人としての尊厳を保ってしむという意味で尊厳死と呼ぶことがあるというものです。
この意味では,米国の事例は,尊厳死というよりも安楽死に近いのではないかと思います。
人の死というのは,その死んでいく人だけの問題ではないように,思います。

「尊厳死」 弁護士コラム「ナズナ想」

アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市中央区
安政町4番19号
TM10ビル7階(旧大和生命ビル)

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ