ホーム > 請求可能な損害

請求可能な損害

3つの損害

3つの損害

賠償される損害は大きく分けて3つに分けることができます。

積極損害
交通事故により、どうしても出費が発生する損害の事です。
治療費、通院交通費、葬儀費まどがこれに該当します。

消極損害
交通事故に遭わなければ通常通り得ることができていた収入が、事故によって失われてしまった損害の事です。
休業損害や逸失利益がこれにあたります。

慰謝料
交通事故によってこうむった精神的苦痛、肉体的苦痛に対して支払われる賠償金の事です。
被害者が不幸にも死亡した場合には遺族に対しても支払われます。

事故種類別の損害

交通事故によって傷害(ケガ)を負った場合
積極損害 治療費 応急手当費・、診察料、 入院料、投薬料、手術料等の費用等
付添看護費 近親者が付き添った場合や付添人を雇った場合
通院交通費 通院に要した交通費
諸雑費 入院中の諸雑費
義肢等の費用 義肢、歯科補鉄、義眼、補聴器、松葉杖などの費用
その他 診断書等の費用、弁護士等の費用、文書等の費用
消極損害 休業損害 事故による傷害のために発生した収入の減少・損害
慰謝料 入通院慰謝料 入通院による精神的・肉体的な苦痛に対する賠償
交通事故によって後遺症(後遺障害)が残ってしまった場合

交通事故によってケガを負い、一定期間(約3~6ヶ月)治療をしても、それ以上の回復が見込めなくなった場合に、その状態を症状固定といい、その残った症状の事を後遺症(後遺障害)といいます。後遺症は、その症状や程度によって等級に分けられており、その定められた等級に応じた賠償を受ける事になります。

消極損害 逸失利益 身体に障害を残し労働能力が低下したために将来に渡り発生する収入減
慰謝料 慰謝料 後遺障害を負ったことによる精神的・肉体的苦痛に対する賠償
死亡の場合

死亡に至るまでの期間は傷害(ケガ)の場合と同様です。

積極損害 葬儀費 祭壇料や埋葬料、会葬礼状費など
消極損害 逸失利益 被害者が死亡しなければ将来得られたであろう収入額から、本人の生活費を控除して算定
慰謝料 慰謝料 本人の慰謝料
遺族の慰謝料
アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市中央区
安政町4番19号
TM10ビル7階(旧大和生命ビル)

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ