ホーム > 交通事故が発生したら

交通事故が発生したら



交通事故が起きた際は適切な判断と対応を

交通事故が起きた際は適切な判断と対応を

交通事故は、現在社会ではあなたの身にいつ起きてもおかしくないものです。
車を運転する人はもちろんなのですが、オートバイや自転車、または歩行者も加害者や被害者になる可能性があります。
私には関係ない・・・もちろん交通事故に合わないのが一番ですが、万が一、交通事故が起こってしまっても上手な解決を行えるように常日頃から考えておく必要があります。

交通事故が発生したら

交通事故が発生したら

01: 負傷者の救護を最優先にしてください!
被害の拡大を防ぎ、仮にあなたが被害者であってもご自身より重症の負傷者がいる場合は救護する義務があります。

02:加害者の情報を必ずメモして下さい!
加害者の情報は必ずメモを取るなどして大切に保管してください。
相手方の名前、住所、電話番号(固定電話もあれば聞く)、勤務先等確認出来るものは全てメモしましょう。
免許証のコピーを取ることが有効です。ちなみに本籍が分かれば、戸籍により住民票を後で追うことができます。
業務上の事故の場合、加害者の勤めている会社に請求をすることもできますので、会社の情報はおさえておく方が良いです。

03:加害車両の確認をしてください!
加害車両の登録番号(車輌番号)や所有者名義、そして保険内容などの確認も重要です。
これらは今後発生するであろう損害賠償問題に関連してきますので非常に重要です。
一般的には相手方の加入している保険会社とのやり取りで確認できるのですが、加害者が任意保険に加入していない場合も考えられます。
この場合は加害者本人とのやり取りが必要ですので、問題が多々発生することも考えられます。

04:証拠保全をして下さい!
交通事故直後には、事故現場に多くの証拠が残されています、と同時に日に日に証拠の立証は難しくなります。
また、事故の目撃者がいれば名前と連絡先を聞いておき、後日ケースに応じて証人になってもらうお願いをするようにしましょう。
目撃者の氏名、住所、連絡先が聞ければベストです。

05:警察に届出をしましょう!
加害者にお願いされたとしても決して当事者同士示談にしようなどとは考えないでください。
最寄の警察署(派出所または駐在所を含まれます)に出向き、警察官に、事故の報告をして下さい。
届出を行うことで、自動車安全運転センターから「交通事故証明書」が発行されます。この証明書が後の手続き等に必要となるのです。

06:保険会社へ連絡をして下さい!
自動車保険に加入している場合、交通事故の発生した日時、場所、状況等を保険会社へ報告する必要があります。

アクセス


大きな地図で見る
〒860-0801
熊本県熊本市中央区
安政町4番19号
TM10ビル7階(旧大和生命ビル)

お問い合わせ 詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ